Blog 2018/6/8

BREITLING DAY

Share on Facebook48Share on Google+0Pin on Pinterest0Tweet about this on TwitterEmail this to someone

36歳の若さでIWCのCEOに就任し、その後、リシュモングループにて辣腕を振るってきたジョージ・カーン氏が業界の注目を集める中、ブライトリングのCEOに就任したのが2017年の夏。
就任後のスピード感は目を見張るものがあり、過去のブライトリングのアーカイブから世に知られていない偉大な歴史や実績をひもとき、エレガントでモダン、そして贅沢な存在感と様々な魅力をいま以上に広く認知させるべく再出発を果たしました。

最初の試みとしてこれまでブライトリングの象徴的デザインである翼と錨をかたどったウイングマークのロゴからスーパーオーシャン ヘリテージやトランスオーシャンなどに用いられてきたシンプルな筆記体の『B』のロゴを全コレクションに採用。
今後のブライトリングがパイロットウォッチ以外にも多彩なラインナップを展開していく意思表示です。

ブライトリングの多彩な魅力を広める第一弾としてユイットアビエーション部門が開発したオンボードクロックをモチーフにクラシックでオーセンティックなモデル『ナビタイマー8』を今年のバーゼルワールド 2018にて発表し、SNSや各紙で話題となりました。

多方面で話題の『ナビタイマー8』この度、九州では一足早くブライトリング・ブティック 福岡に入り、ローンチイベントを開催しました。

今回はSNS、WEBのみでの案内であったにも関わらず、当日は多くのブライトリングファンの方にご来場いただき、『ナビタイマー8』の実機に触れていただきました。
ブライトリングセールス担当、浅田氏による今後の新生ブライトリングの商品展開や新製品ナビタイマー8の誕生由来に関する説明やブライトリングジャパン技術トレーナー 林 繁 氏によるメカニカルな話を来場者の皆様が真剣な眼差しで食い入るように聞き入る姿が大変、印象的でした。

上述の新作、『ナビタイマー8』以前のスタッフニュース(http://oro-gio.co.jp/2018/03/16/伝説の幕開け/)にも掲載しましたがユイットアビエーション部門が開発したコックピット計器用のオンボードクロックをモチーフにクラシックで落ち着きのある仕上がりのモデル。カジュアルな装い以外にビジネスシーンでも大いに活躍してくれそうです。

 

現在、ブライトリング ブティック 福岡では『ナビタイマー 8』を実際にご覧いただけます。
話題のモデルをいち早くご体験ください。

 


ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43
ムーブメント:自社製自動巻キャリバーB01
ケース径:43mm
文字盤:ブラック、ブルー、ブロンズ(18Kゴールドケース)
ケース:ステンレススティール、18Kゴールド
防水:100m
¥2,462,400(税込)18Kゴールドケース、レザーストラップ
¥896,400(税込)SSケース、レザーストラップ

 


ナビタイマー 8 クロノグラフ 43
ムーブメント:自動巻 キャリバー13
ケース径:43mm
文字盤:ブラック、ブルー
ケース:ステンレススティール、ステンレススティールDLC
防水:100m
¥648,000(税込)SSケース、レザーストラップ
¥691,200(税込)SSケース、ブレスレット

 

 
ナビタイマー 8 オートマチック 41
ムーブメント:自動巻 キャリバー17
ケース径:41mm
文字盤:ブラック、ブルー
ケース:ステンレススティール、ステンレススティールDLC
防水:100m
¥453,600(税込)SSケース、レザーストラップ
¥496,800(税込)SSケース、ブレスレット

 

CATEGORIES INDEX